デルタトライブのブログ

  • Blog

Googleアナリティクス4導入するならいつ?

こんにちは、デルタドライブweb担当です。 皆さまGA4の導入は進んでおりますでしょうか?   GA4とは、Googleアナリティクス4プロパティ(Google Analytics 4)の略で、2020年10月にリリースされたGoogleアナリティクスの最新バージョンのことです。 このGA4を設定してうまく使えば、今まで以上にSEOの強化に役立ちます。   現在多くのWebサイトに導入されている「ユニバーサルアナリティクス(UA)」は2023年7月に計測終了することが発表されているため、今後のサイト分析にはGA4の導入が必須になってきます。    「切り替えをしていなかったので、検索流入やユーザー行動などのデータが計測できず、必要な対策ができませんでした…」なんてことは避けたいです。  こうした良くない状況を回避する為に、GA4の基本を押さえて、適切に設定しましょう。    今回はGA4(Google Analytics 4)とは何か、ユニバーサルアナリティクス(UA)との違いや、GA4対応をどのように進めると良いかを中心に初心者にもわかりやすくポイントをまとめ、現時点での最新情報を踏まえてご紹介します。   GA4の導入時期 GA4はなるべく早く入れておくに越したことはありません。ですが、「いつまでに導入すればいいか?」に対する答えは次の2つがあると思います。   計測されていない空白の期間がなければいい:2023年7月1日まで ユニバーサルアナリティクスとGA4の数値差を確認したい:2023年4月1日まで   空白期間がなければいい場合 まず、GA4へ絶対に移行しておくべき期限は「2023年7月1日まで」です。 2023年7月1日以降のデータはユニバーサルアナリティクスで計測がされないため、GA4で計測できる環境を整えておく必要があります。   ※無料版UAの計測が2023年7月1日に終了すると公式にアナウンスされた2022年3月時点で、UAを継続利用し続ける選択肢はすでになくなってしまいました。   GA4は設定する以前のデータは蓄積されないため、2023年7月1日までに設定できていないと、データがない空白の期間ができてしまいます。   ユニバーサルアナリティクスとGA4の数値差を見たい場合 この場合は「2023年4月1日まで」に導入しておくのがおすすめです。ユニバーサルアナリティクスとGA4では計測の方法が異なるため、数値に乖離(かいり)が生まれます。   一定の期間、並行運用することで「どのくらい数値差が発生するのか」を確認することができます。   数値の乖離度合いがわからない状態でGA4へ移行すると「GA4に移した途端、セッションやコンバージョンが増えた(減った)が、実際の状況はわからない」といった事態が予想されます。   最低3ヶ月程度は並行運用して数値差を確認しておくことで、計測する側もシステムや仕様に慣れていく学習期間を確保することができ、GA4に完全移行してからの分析をより意味のあるものにできます。   注意したいのは、GA4はデータ計測の設定をした後からしかアクセス解析はできません。GA4では計測タグを設置するだけでなく、計測したいデータを細かく設定する必要があるため、それらを加味して判断しましょう。

2022.10.26

GA4(Google アナリティクス 4)設置後にやるべきたった1つのこと

こんにちは、デルタドライブweb担当です! 今回は、GA4を設置したら、絶対に見直して欲しいことをお伝えします。 これをするかしないかで、導入の効果が大きく変わりますので、ぜひ最後までご覧ください! GA4設置後にやるべきたった1つのこと 計測タグを設置すると汎用的な各種データの計測が開始されたUAとは異なり、 GA4では計測したいデータに応じた設定が必要です。 そこで重要になるのが、自社で計測が必要なデータは何かを整理する工程。   GA4は出来ることが増えたと同時に、”必要な設定作業”も増えました。 だからこそ検討したいのが「自社に必要なデータは何で、不要なデータは何か?」ということ。   不要なデータの計測に工数を割くのは本末転倒のため、 UAからGA4へ移行するタイミングで 不要なデータ計測をやめる検討をおこなうことを推奨します。   GA4でむやみにあれこれ設定作業をおこなっていては非効率で、キリがありません。   GA4の計測データはイベント単位、「点」を収集するようなもの。 その後「点」と「点」をつないで どのような「線」や「図形」を見たいのかを事前に整理し、 計測に必要なデータを明確にしましょう。 最後に、GA導入のメリットとデメリットをご紹介します。   GA4導入のメリット 学習機能で予測が立てやすい データ計測の設定がしやすい イベント同士の分析がしやすい BigQueryとの連携が無料でできる   GA4導入のデメリット UA(ユニバーサルアナリティクス)のデータを移行できない 学習コストがかかる   GA4の分析機能をフル活用して、より魅力的なWEBサイトを運用できるといいですね!

2022.09.02

Googleアナリティクス4導入でできること、UAとの根本的な違い

こんにちは、デルタドライブweb担当です! 「Googleアナリティクスが新しくなったのは知っているけど、結局何ができるの?」 そんな疑問をお持ちではないでしょうか。   「こんな機能があったなんて、もっと早く知っておけばよかった!」 「資料作成の前に分かっていたら、もっと時間が短縮できたのに!」   ということ、解析ツールを使っていると、よくあるのではないでしょうか?   今回は、Googleアナリティクス4のバージョンアップで、 今までと根本的に変わった4つの考え方について具体的にお伝えしていきます。   Google アナリティクス4 プロパティで根本的に変わった4つの概念 GA4では、名称や機能でもさまざまな変更点があります。   例えば、PV数が「表示回数」。直帰率・離脱率は「エンゲージメント」と呼ばれるようになりました。   そして、今回の改変は企業のデータ戦略にも関わる根本的な部分で起きています。 ここからは、具体的な名称や機能ではなく、 ユニバーサルアナリティクス(UA)から抜本的に変わったGA4の考え方についてお伝えします。   1.機械学習の導入、データで未来を予測する UAでは、実際のユーザー行動を元にした過去データの分析ができました。 一方でGA4では、機械学習を導入し、 過去データから将来の予測がGoogle アナリティクス上で行えるようになっています。   具体的に使用できる予測機能は、以下の2種類です。 購入の可能性 離脱の可能性   購入の可能性とは、アプリまたはサイトを訪問したユーザーが、 今後7日以内に商品購入に至る可能性を予測する指標です。   また離脱の可能性とは、最近アクティビティのあったユーザーが、 アプリまたはサイトを今後7日以内に利用しなくなる可能性を予測する指標です。   これらの予測機能により、今後1週間の売上を推定することや、 購入に至る可能性が高いユーザーにGoogle 広告でアプローチする といったマーケティング施策を打つことが可能になりました。   2.ユーザーを中心とした測定が可能になった GA4では、クロスデバイス・クロスプラットフォームを実現し、 ユーザーがデバイスやプラットフォーム(ウェブ・アプリ)に関わらず、 どのように行動したのかを明らかにできます。   これにより、 マーケティング担当者が提供する「ユーザーID」 広告のパーソナライズを選択したユーザーからの一意の「Googleシグナル」 ユーザーが使用する「デバイス情報(Cookie)」 といった複数のIDを総合して、 ユーザーのクロスデバイス行動(複数のデバイスをまたがった行動) […]

2022.09.02

夏季休業のお知らせ

平素は格別のお引き立てをいただき厚くお礼申し上げます。 弊社では、誠に勝手ながら下記日程を夏季休業とさせていただきます。     ■夏季休業期間 2022年8月11日(木) ~ 8月14日(日)     休業期間中にいただいたお問合せについては、営業開始日以降に順次回答させていただきます。 皆様には大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。

2022.08.06

【初心者向けSEO⑤】アクセス解析で取得したデータの活用方法【ページ滞在時間編】

こんにちは、デルタドライブのブログ担当です。 PV数は上がってるのに、なかなかアクションに繋がらない まずどこから改善していったら、読まれるページになるだろう? こんなお悩みをお持ちではないでしょうか? 今回は、アクセス解析ツールで取得した「ページ滞在時間」活用方法について、 具体的なステップをお伝えしていきます。 ページ滞在時間 ユーザーが同じページ内にとどまった時間のことです。 どのくらいページの内容が読まれているかの指標になります。   良質な記事は時間をかけて熟読されることが多いため、記事の質をはかる基準とされます。 ページ滞在時間を改善して、検索順位アップを目指していきましょう!   ページ滞在時間アップの効果的な5ステップをご紹介します。   1:ページ滞在時間の目標数値を設定する ページ滞在時間が30秒以内の記事は、離脱までの時間が早すぎるので改善しましょう。 ページ滞在時間が短い場合、ユーザーが「読む価値がない」と早々に判断した可能性があります。   滞在時間が短いとGoogleからあまりいいコンテンツではないと評価されるので、 検索順位が上がりにくくなります。やはり、読まれるコンテンツ作りが大切ですね。   2:Googleサーチコンソールで検索順位を確認 サーチコンソールで、自分が書いた記事の検索順位を把握しましょう。 ▼検索順位確認の手順 ①Googleサーチコンソールの管理画面へログイン。 ②左側のメニューから「検索パフォーマンス」をクリック。 ③平均掲載順位をクリックして検索順位を表示させ、 検索順位を確認。 ※こちらは前回の記事で紹介しているのでそちらを参照してくださいね! 【前回記事URL】 3:30秒以下の滞在時間記事を確認 目標を30秒以上とした場合、アナリティクスで滞在時間が30秒以下の記事を探します。 ▼ページ滞在時間確認の手順 ①Googleアナリティクスの管理画面を開く。 ②左側のメニューの「行動」をクリック ③「サイトコンテンツ」を選択し、最後に「すべてのコンテンツ」をクリック。 ④「平均ページ滞在時間」をクリック、ページを並び替え、30秒以下の記事を確認。 ただし、ページ滞在時間が短くてもすぐに改善する必要がないページもあります。 ▼修正しないページ トップページ カテゴリーページ タグページ お問い合わせ、運営者情報、プライバシーポリシー等 4:書き出しを改善する 改善する記事を選んだら、その記事の書き出しを改善してみましょう。 すぐに離脱してしまうのは、スクロールせずに導入部分でページから離れていると考えられるからです。 まず書き出しを改善したあとに、他の原因を探っていきましょう!   5:1〜2分台の滞在時間を確認 ページ滞在時間が1〜2分程度の記事をGoogleアナリティクスで確認しましょう。 これらの記事は導入部分は読んでもらえているけれど、本文を読んでいる途中で離脱されている可能性が高いです。   ページ滞在時間が30秒以下の記事を改善したら、滞在時間1~2分の記事をピックアップして改善してください。 6:本文の書き方を改善 […]

2022.05.08

【初心者向けSEO④】アクセス解析で取得したデータの活用方法【クリック率編】 #2

こんにちは、デルタドライブのブログ担当です。 このクリック率って高いの?低いの? いい記事を書いているはずなのにアクセスが伸びない… こんなお悩みをお持ちではないでしょうか? 今回は、アクセス解析ツールで取得した「クリック率」の活用方法について、 具体的なステップをお伝えしていきます。   検索結果でのクリック率 クリック率を改善する目的は、サイトへ訪問するユーザーを増やすことです。 検索結果で表示されるページタイトルのクリック率を改善する手順を解説します。 1:数値目標を設定する 下記のデータは、Googleの検索結果での表示順位と平均のクリック率を示しています。 実際のクリック率が下記のデータより低い場合は、まずは下記数値を目標に改善していきましょう。 以下の数値はseoClarity(SEOクラリティ)が公開した、Googleの検索順位とクリック率(日本)の 関係をまとめたものです。(2021年11月)   順位 CTR 1位 13.94% 2位 7.52% 3位 4.68% 4位 3.91% 5位 2.98% 6位 2.42%  7位 2.06%  8位 1.78% 9位 1.46% 10位 1.32% ※引用元:2021 CTR Research Study: The Largest Ever for SEO この数値は平均値ですので、検索順位が1位から10位の間にあって、 平均値よりクリック率が低ければ改善していきましょう!   2:Googleサーチコンソールでクリック率を確認する 目標を決めたら次に、各記事の現状を確認していきます。 Googleサーチコンソールで検索キーワードごとにクリック率を確認できます。 下記のステップを踏んで確認してみてください。   […]

2022.05.07

1 2