WEB/EC
Blog WEB/EC

(JA) 初心者でも分かる!ホームページ制作の手順とコツ【1】

Sorry, this entry is only available in Japanese.

2024.01.21

Content Strategy for Successful Web Development and SEO

For successful web development and SEO, strategic content creation is indispensable. This section will explain in detail the specific methods and practical approaches. Looking ahead to 2024, we will explore key elements of a strategy for how to construct website content, taking into account changes in user search behavior and algorithms.   Firstly, it’s important to balance the quality and quantity of content. High-quality content increases user satisfaction, while a large volume of content improves the evaluation by search engines. However, pursuing both quality and quantity simultaneously is not easy. Strategies to make this possible include selecting topics based on user needs and using appropriate content formats.   Next, revising […]

2024.01.14

Key SEO Trends to Watch in 2024

“Key SEO Trends to Watch in 2024” As we move towards 2024, the world of SEO continues to evolve significantly. This is partly due to the rapid technological advancements and the accompanying changes in user behavior. The trends we’re about to introduce are crucial elements for website owners and digital marketers to consider when planning their next steps. Firstly, the prevalence of voice search is advancing. With the increasing use of smart speakers, searching for information via voice is becoming more common. Therefore, SEO strategies for websites need to include voice search-friendly keyword strategies and content creation. Next, the importance of mobile-first indexing is growing. This means that Google prioritizes […]

2024.01.11

Web Production and SEO Experts Teach: Key Points of Content Strategy [Latest 2024]

The Importance of Web Production and SEO in 2024 Web production and SEO have become indispensable elements for business success. For 2024, it’s increasingly important to understand the evolving search engine algorithms and changes in user search behavior, and to take appropriate measures. This article introduces the latest SEO trends to watch in 2024 and provides a detailed explanation of successful content strategies for web production and SEO. Web production and SEO should be considered as integrated elements, which include benefits such as improving UX (User Experience) and enhancing brand credibility. Successful SEO can directly increase website visitors and business sales. This article provides concrete strategies to help your business […]

2024.01.05

日本語に対応しているウェブアクセシビリティのチェックツール

日本語に対応しているウェブアクセシビリティのチェックツールもいくつかありますので代表的なものをいくつか紹介します。 これらのツールは、日本語のウェブサイトのアクセシビリティを評価し、問題点を指摘するのに役立ちます。 aXeコア (aXe-core) 特徴: オープンソースのアクセシビリティテストエンジンで、ブラウザ拡張機能やコマンドラインツールとして利用できます。アクセシビリティの問題を自動で検出し、解決策を提案します。 日本語対応: 日本語のドキュメントやリソースが利用可能です。 miChecker (ミチェッカー) 特徴: 日本の情報通信アクセシビリティ協議会(JICA)が提供する無料のツールで、ウェブコンテンツのアクセシビリティをチェックします。日本のJIS規格に準拠している点が特徴です。 日本語対応: 完全に日本語化されており、日本国内のウェブアクセシビリティ基準に特化しています。 Colour Contrast Analyser (カラーコントラストアナライザー) 特徴: テキストと背景の色のコントラスト比を測定し、視覚的なアクセシビリティを評価します。 日本語対応: 日本語のインターフェースが利用できます。 これらのツールは、特に日本語のウェブサイトや日本のアクセシビリティ基準に対応しており、ウェブ開発者やデザイナーがアクセシビリティを改善する際に役立ちます。 各ツールは異なる側面のアクセシビリティを評価するため、総合的なチェックのために複数のツールを併用することをお勧めします。

2024.01.05

ウェブアクセシビリティの代表的なチェックツール

ウェブアクセシビリティのチェックツールは、ウェブサイトが様々なユーザーにとって使いやすくアクセスしやすいかどうかを評価するために使用されます。以下は、代表的なウェブアクセシビリティチェックツールのいくつかと、それらの比較に関する説明です。 WAVE (Web Accessibility Evaluation Tool) 特徴: WAVEは、ウェブページのアクセシビリティを視覚的に評価するための無料ツールです。エラー、警告、および改善点を色分けされたアイコンとテキストで表示し、具体的な問題点を指摘します。 利点: 直感的なインターフェースで、ウェブページのどの部分がアクセシビリティ基準に準拠していないかが一目でわかります。 欠点: 自動評価に限定されるため、すべてのアクセシビリティ問題を検出することはできません。 axe Accessibility Checker 特徴: 開発者向けのブラウザ拡張機能として提供され、ウェブページのアクセシビリティ問題を検出し、解決策を提案します。 利点: 高度なアルゴリズムを使用して、多くのアクセシビリティ問題を正確に識別します。開発プロセスに組み込みやすい。 欠点: 非技術者には少々使いづらい可能性があります。 Google Lighthouse 特徴: パフォーマンス、アクセシビリティ、プログレッシブウェブアプリ、SEO、ベストプラクティスに関するレポートを提供する自動化ツール。 利点: アクセシビリティのみならず、ウェブサイトの総合的な品質を評価することができます。 欠点: 他のアクセシビリティ専門ツールに比べて、細かいアクセシビリティの問題を見逃すことがあります。 Tenon.io 特徴: ウェブアクセシビリティの詳細な評価を行う有料サービス。APIを介してシステムに統合可能。 利点: 柔軟性が高く、開発プロセスに深く組み込むことができる。 欠点: コストがかかる点と、初心者には使いづらい可能性があります。 まとめ これらのツールは、それぞれ特有の機能と利点を持っています。 WAVEはビジュアル的なフィードバックに優れ、初心者にも使いやすいです。 axeは技術者向けに詳細な情報を提供し、Google Lighthouseは総合的なウェブサイト品質評価に適しています。 Tenon.ioは高度なカスタマイズと統合機能を提供しますが、コストと技術的な要件が高いです。 したがって、使用するツールは、ウェブサイトの要件やユーザーの技術的なスキルによって異なります。 問題は、全て英語のツールだという点です。 次回は日本語で使えるツールをいくつかご紹介します。

2023.12.28

ECサイト・プラットフォームの比較

ECサイトをはじめたい人向けに、ECサイト・プラットフォームの特徴と利点・欠点のお話しをしたいと思います。 ECサイトをはじめたい人には、さまざまなECプラットフォームが提供されています。それぞれのプラットフォームには、それぞれに特徴や利点・欠点があるため、自社のニーズや状況に合ったものを選ぶことが大切です。 ここでは、代表的なECプラットフォームの特徴と利点・欠点を解説します。 EC-CUBE EC-CUBEは、日本国内で最も利用されているECプラットフォームのひとつです。豊富な機能とカスタマイズ性、安定したパフォーマンスが特徴です。 EC-CUBEのサイトへ 利点 豊富な機能とカスタマイズ性 安定したパフォーマンス 国産ECなので日本の商習慣に適している 簡単インストールで無料での利用も可能 日本語ドキュメントやサポートが充実 欠点 専門的な知識やスキルが必要 決済代行会社と個別に契約が必要 Shopify Shopifyは、世界で最も利用されているECプラットフォームのひとつです。世界中で利用されているため、海外展開を検討している場合におすすめです。 Shopifyのサイトへ 利点 世界中で利用されているため、海外展開に向いている 豊富なアプリやテンプレートが用意されている 比較的簡単に構築できる クレジットカード決済がデフォルトで使える 欠点 初期費用や月額利用料金が比較的高い カスタマイズの自由度が低い場合がある BASE BASEは、初期費用や月額利用料金が無料で利用できる、手軽に始められるECプラットフォームです。 利点 初期費用や月額利用料金が無料 手軽に始められる デザイン性の高いテンプレートが用意されている 欠点 機能やカスタマイズ性が限られている 月間の販売手数料がかかる Stores Storesは、初期費用や月額利用料金が安価で、豊富な機能を備えたECプラットフォームです。 利点 初期費用や月額利用料金が安価 豊富な機能を備えている デザイン性の高いテンプレートが用意されている 欠点 カスタマイズの自由度が低い場合がある カラーミーショップ カラーミーショップは、初期費用や月額利用料金が安価で、デザイン性の高いECプラットフォームです。 利点 初期費用や月額利用料金が安価 デザイン性の高いテンプレートが用意されている 日本語ドキュメントやサポートが充実 欠点 機能やカスタマイズ性が限られている その他のECプラットフォーム 上記のほかにも、さまざまなECプラットフォームが提供されています。代表的なものをいくつか紹介します。 楽天市場店:楽天市場に出店するためのECプラットフォーム Yahoo!ショッピング:Yahoo!ショッピングに出店するためのECプラットフォーム au PAY マーケット:au PAY マーケットに出店するためのECプラットフォーム Amazonマーケットプレイス:Amazonに出品するためのECプラットフォーム  - ECプラットフォームを選ぶ際の注意点  - ECプラットフォームを選ぶ際には、以下の点に注意するとよいでしょう。 ECサイトの規模や機能 ECサイトの規模が小さい場合や、シンプルな機能を備えたECサイトであれば、初期費用や月額利用料金が安価なプラットフォームがおすすめです。 コストや時間の制約 ECサイトの構築にかかるコストや時間に制約がある場合は、手軽に始められるプラットフォームがおすすめです。 自社の技術力やスキル 自社の技術力やスキルに自信がある場合は、カスタマイズの自由度が高いプラットフォームがおすすめです。 また、ECプラットフォームを選ぶ際には、実際にデモサイトや無料トライアルを利用してみることをおすすめします。実際に操作してみることで、使い勝手や機能を確認することができます。  - 弊社では、お客様のニーズやターゲットマーケットに合わせたご提案をいたします。 まずはお気軽に無料相談をお申込みください。

2023.12.03

世界と日本のウェブのトレンド

今回は英語圏を中心とする世界的なウェブのトレンド vs 日本のトレンドを考えてみます。 日本以外を「世界」と一緒くたにするものではありません。 ガラケーでもアニメでも音楽でもそうですが、世界で唯一「日本語」という言語を母国語にしている「島国」だからなのか、いろんな分野で日本独自のユニークなものが国内で流通していることが多いように思います。 以前とある外資のホテルチェーンの予約システムの仕事をさせていただいたときのことのマレーシア人のプロマネに言われた言葉が未だに忘れられません。  - 「日本人には世界では標準になっている機能やデザインの話しをしても通じないことが多い。」  - 実際ほとんどのウェブやシステムの新しい技術というのは海外からの発信のものがほとんどですよね。 しかも当初情報はほとんど英語で発信されます。 相対的に英語を苦手としている日本人にはその情報が浸透するまでに一定の時間がかかっているようです。 社長がバイリンガルの弊社では、その辺をアドバンテージとして新しい情報を進んで投入できる体制を一層進めていくよう努めて参ります。  - さて、現在の世界と日本のウェブデザインのトレンドの違いをBardの情報を元に考察したいと思います。 世界のウェブデザインのトレンドと日本のトレンドには、以下の違いがあります。 エフェクト重視型のモーションデザインの比率 世界のウェブデザインでは、エフェクト重視型のモーションデザインが、日本よりも多く活用されています。これは、世界のWebサイトでは、ユーザーの注目を集めたり、雰囲気や世界観を演出したりするために、エフェクト重視型のモーションデザインが効果的であると考えられるためです。 シンプルなデザインの比率 日本のウェブデザインでは、シンプルなデザインが、世界よりも多く活用されています。これは、日本のWebサイトでは、使いやすさやわかりやすさを重視する傾向があるためです。 日本の伝統的なデザインを取り入れたデザインの比率 日本のウェブデザインでは、日本の伝統的なデザインを取り入れたデザインが、世界よりも多く活用されています。これは、日本のWebサイトでは、日本らしさを表現したいという意識が強いためです。 具体的な例としては、以下のようなものが挙げられます。 世界のウェブデザイン Appleの公式サイト: スクロールに合わせて画像やテキストが動いたり、アニメーションが再生されたりすることで、Webサイトの雰囲気や世界観を演出しています。 Nikeの公式サイト: 動きやアニメーションによって、製品の魅力をより効果的に伝えています。 日本のウェブデザイン ユニクロの公式サイト: シンプルなデザインで、商品やサービスの情報をわかりやすく伝えています。 京都市の公式サイト: 日本の伝統的なデザインを取り入れることで、京都らしさを表現しています。  – もちろん、これらの違いはあくまでも傾向であり、必ずしもすべてのWebサイトに当てはまるわけではありません。 しかし、世界のウェブデザインと日本のウェブデザインのトレンドには、このような違いがあることを理解しておくとよいでしょう。 と、Bardは申しております。  - そこはターゲットにしているマーケットに合わせていけば良いのだと思います。 ウェブサイト制作に必要かつ大切なのはやはりマーケティングではないでしょうか。  – では、マーケティングとは? 「経営の神様」と呼ばれるアメリカの経営学者、ピーター・ドラッカー氏は「マーケティングの目的は、販売を不必要にすることだ。 マーケティングの目的は、顧客について十分に理解し、顧客に合った製品やサービスが自然に売れるようにすることだ」と言っています。  – 深いですね。

2023.12.02

1 2 3