Blog
  • Blog

(JA) 初心者でも分かる!ホームページ制作の手順とコツ【1】

Sorry, this entry is only available in Japanese.

2024.01.21

Content Strategy for Successful Web Development and SEO

For successful web development and SEO, strategic content creation is indispensable. This section will explain in detail the specific methods and practical approaches. Looking ahead to 2024, we will explore key elements of a strategy for how to construct website content, taking into account changes in user search behavior and algorithms.   Firstly, it’s important to balance the quality and quantity of content. High-quality content increases user satisfaction, while a large volume of content improves the evaluation by search engines. However, pursuing both quality and quantity simultaneously is not easy. Strategies to make this possible include selecting topics based on user needs and using appropriate content formats.   Next, revising […]

2024.01.14

Key SEO Trends to Watch in 2024

“Key SEO Trends to Watch in 2024” As we move towards 2024, the world of SEO continues to evolve significantly. This is partly due to the rapid technological advancements and the accompanying changes in user behavior. The trends we’re about to introduce are crucial elements for website owners and digital marketers to consider when planning their next steps. Firstly, the prevalence of voice search is advancing. With the increasing use of smart speakers, searching for information via voice is becoming more common. Therefore, SEO strategies for websites need to include voice search-friendly keyword strategies and content creation. Next, the importance of mobile-first indexing is growing. This means that Google prioritizes […]

2024.01.11

Web Production and SEO Experts Teach: Key Points of Content Strategy [Latest 2024]

The Importance of Web Production and SEO in 2024 Web production and SEO have become indispensable elements for business success. For 2024, it’s increasingly important to understand the evolving search engine algorithms and changes in user search behavior, and to take appropriate measures. This article introduces the latest SEO trends to watch in 2024 and provides a detailed explanation of successful content strategies for web production and SEO. Web production and SEO should be considered as integrated elements, which include benefits such as improving UX (User Experience) and enhancing brand credibility. Successful SEO can directly increase website visitors and business sales. This article provides concrete strategies to help your business […]

2024.01.05

日本語に対応しているウェブアクセシビリティのチェックツール

日本語に対応しているウェブアクセシビリティのチェックツールもいくつかありますので代表的なものをいくつか紹介します。 これらのツールは、日本語のウェブサイトのアクセシビリティを評価し、問題点を指摘するのに役立ちます。 aXeコア (aXe-core) 特徴: オープンソースのアクセシビリティテストエンジンで、ブラウザ拡張機能やコマンドラインツールとして利用できます。アクセシビリティの問題を自動で検出し、解決策を提案します。 日本語対応: 日本語のドキュメントやリソースが利用可能です。 miChecker (ミチェッカー) 特徴: 日本の情報通信アクセシビリティ協議会(JICA)が提供する無料のツールで、ウェブコンテンツのアクセシビリティをチェックします。日本のJIS規格に準拠している点が特徴です。 日本語対応: 完全に日本語化されており、日本国内のウェブアクセシビリティ基準に特化しています。 Colour Contrast Analyser (カラーコントラストアナライザー) 特徴: テキストと背景の色のコントラスト比を測定し、視覚的なアクセシビリティを評価します。 日本語対応: 日本語のインターフェースが利用できます。 これらのツールは、特に日本語のウェブサイトや日本のアクセシビリティ基準に対応しており、ウェブ開発者やデザイナーがアクセシビリティを改善する際に役立ちます。 各ツールは異なる側面のアクセシビリティを評価するため、総合的なチェックのために複数のツールを併用することをお勧めします。

2024.01.05

ウェブアクセシビリティの代表的なチェックツール

ウェブアクセシビリティのチェックツールは、ウェブサイトが様々なユーザーにとって使いやすくアクセスしやすいかどうかを評価するために使用されます。以下は、代表的なウェブアクセシビリティチェックツールのいくつかと、それらの比較に関する説明です。 WAVE (Web Accessibility Evaluation Tool) 特徴: WAVEは、ウェブページのアクセシビリティを視覚的に評価するための無料ツールです。エラー、警告、および改善点を色分けされたアイコンとテキストで表示し、具体的な問題点を指摘します。 利点: 直感的なインターフェースで、ウェブページのどの部分がアクセシビリティ基準に準拠していないかが一目でわかります。 欠点: 自動評価に限定されるため、すべてのアクセシビリティ問題を検出することはできません。 axe Accessibility Checker 特徴: 開発者向けのブラウザ拡張機能として提供され、ウェブページのアクセシビリティ問題を検出し、解決策を提案します。 利点: 高度なアルゴリズムを使用して、多くのアクセシビリティ問題を正確に識別します。開発プロセスに組み込みやすい。 欠点: 非技術者には少々使いづらい可能性があります。 Google Lighthouse 特徴: パフォーマンス、アクセシビリティ、プログレッシブウェブアプリ、SEO、ベストプラクティスに関するレポートを提供する自動化ツール。 利点: アクセシビリティのみならず、ウェブサイトの総合的な品質を評価することができます。 欠点: 他のアクセシビリティ専門ツールに比べて、細かいアクセシビリティの問題を見逃すことがあります。 Tenon.io 特徴: ウェブアクセシビリティの詳細な評価を行う有料サービス。APIを介してシステムに統合可能。 利点: 柔軟性が高く、開発プロセスに深く組み込むことができる。 欠点: コストがかかる点と、初心者には使いづらい可能性があります。 まとめ これらのツールは、それぞれ特有の機能と利点を持っています。 WAVEはビジュアル的なフィードバックに優れ、初心者にも使いやすいです。 axeは技術者向けに詳細な情報を提供し、Google Lighthouseは総合的なウェブサイト品質評価に適しています。 Tenon.ioは高度なカスタマイズと統合機能を提供しますが、コストと技術的な要件が高いです。 したがって、使用するツールは、ウェブサイトの要件やユーザーの技術的なスキルによって異なります。 問題は、全て英語のツールだという点です。 次回は日本語で使えるツールをいくつかご紹介します。

2023.12.28

年末・年始の営業時間のお知らせ

拝啓   今年も師走を迎え、とりわけご繁忙のことと拝察いたします。 日ごろは弊社に多大なご芳情を頂き、厚くお礼申し上げます。 さて、弊社では年末年始の期間、下記のとおり休業期間とさせて頂きます。 休業期間中はご不便おかけいたしますが、何卒ご容赦ください。 末筆ながら皆様にも良い新年を迎えられますよう、心よりお祈り申し上げます。   記   休業期間 令和5年12月30日(土)~令和6年1月4日(木)   敬具

2023.12.25

WCAG 2.1 AAレベルとは

WCAG 2.1 AAレベルは、ウェブコンテンツのアクセシビリティを向上させるためのガイドラインの1つです。 WCAGは、Web Content Accessibility Guidelinesの略称で、国際的な標準規格として世界中で広く利用されています。 WCAG 2.1 AAレベルは、WCAG 2.1の3つのレベルのうち、中間レベルに位置するものです。 WCAG 2.1 AAレベルに準拠することで、以下のメリットが得られます。 障がい者や高齢者、海外からの訪問者など、さまざまな人がウェブコンテンツを利用できるようになる。 ビジネスチャンスの拡大につながる。 社会のデジタル化の推進につながる。 - WCAG 2.1 AAレベルの具体的な内容 - WCAG 2.1 AAレベルの内容は、以下の3つのカテゴリに分けられます。 コンテンツの読み取りやすさ 操作のしやすさ 情報の理解しやすさ - コンテンツの読み取りやすさ - コンテンツの読み取りやすさとは、音声読み上げソフトや拡大鏡などの補助技術を使用しても、ウェブコンテンツを理解できるようにすることです。 具体的な対策としては、以下のようなものが挙げられます。 画像や動画に代替テキストを設定する 文字サイズや色、配色を調整する 文字の配置や行間などを調整する コンテンツの構造をわかりやすくする - 操作のしやすさ - 操作のしやすさとは、マウスやタッチ操作が困難な人でも、ウェブコンテンツを操作できるようにすることです。 具体的な対策としては、以下のようなものが挙げられます。 キーボードだけで操作できるようにする ボタンやリンクなどの操作をわかりやすくする 誤操作を防ぐための対策を行う - 情報の理解しやすさ - 情報の理解しやすさとは、コンテンツの内容を理解しやすくすることです。 具体的な対策としては、以下のようなものが挙げられます。 コンテンツの構造をわかりやすくする コンテンツの説明を簡潔でわかりやすくする 用語や記号をわかりやすく説明する - WCAG 2.1 AAレベルの普及状況 - WCAG 2.1 AAレベルは、世界中で広く普及しています。 日本では、JIS X 8341-3「ウェブコンテンツのJIS規格」として、WCAG 2.1 AAレベルが準拠規格となっています。 また、2023年4月から、日本では、ウェブサイトやアプリのアクセシビリティに関する法律が施行されます。 この法律では、WCAG 2.1 AAレベルに準拠することが義務付けられます。 まとめ WCAG 2.1 AAレベルは、ウェブコンテンツのアクセシビリティを向上させるための重要なガイドラインです。 WCAG 2.1 AAレベルを理解し、対策を進めることで、すべての人がウェブを平等に利用できる社会を実現することができます。 - 参考文書 Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.1

2023.12.25

1 2 3 5